年末年始風俗三昧

口コミを見るのは気持ちの問題

風俗の口コミを見るのは情報を集めようとか、いろんなことを参考にしたいなとかではなく、自分の気持ちを盛り上げるためのものなんです。参考にしないという意味じゃなく、参考にするよりもむしろ「楽しかった」「最高だった」という口コミを見て自分の風俗へのモチベーションを盛り上げるためでもあるんですよね。むしろそこが大きいんですよ。そのくらいの気持ちにしておいた方が、結局はとっても楽しい時間になるであろうことが分かってきたんですよ。だから風俗で遊ぶ時には口コミとか、体験談もいいですよね。自分も「負けていられないな」と思うようなものを見るんです。それによって、自分のモチベーションも高まっていくし、いろんな効果があるので、風俗の気分を盛り上げるという点ではかなり良いんじゃないかなと思いますね。口コミを見なくても勝手に気分が盛り上がるって人にとってはあんまり関係ない話でしかないかもしれないですけど、自分は時に役立ちますね。

純粋に風俗が一番じゃないかなと思った

純粋に自分が一番楽しい時間は風俗かなって思っています。性風俗だからとかじゃなく、自分が一番安心して何も考えずに楽しいと思える時間。これは間違いなく風俗なんじゃないのかなって思っているんですよ。というのも、余計な気を使う必要が無いじゃないですか。会社では常に「余計な気遣い」が求められるじゃないですか。むしろちょっとしたことで揚げ足を取られたり、今の時代では女子社員にちょっと話しかけただけでもパワハラ案件だとかセクハラだと騒がれたり。そして電車の中では冤罪にならないようにとか余計な気を使って。そんなことまで考えると、気の休まる場所がないんですよね。家に帰れば周囲に騒音が出ないようにとか、逆に騒音で悩まされたり。でも風俗だけは余計なことを考える必要がないんです。風俗だけは自分の好きなように楽しめるじゃないですか。これってかなりありがたいし、結構大きいことなんじゃないのかなって思わされるんですよね。