年末年始風俗三昧

楽しさは無限にあるからいいじゃないですか

風俗の楽しさは、はっきり言えば「無限」にありますよね。これは自分でもいつも思っているんです。本当にいろいろな楽しみ方があると思いますし、さらに言えばどうやって楽しむのかは基本的に自分次第なんですよね。そこに楽しさが潜んでいると思うんです。受け身で楽しむだけでも満足出来ると思いますけど、自分から積極的に、どういったことを楽しめるのかを模索して自分だけの楽しさを手に入れることこそが、風俗の醍醐味でもあるんじゃないかなって。それが出来るのって、風俗くらいなものなんじゃないかなって思うんですよね。それだけに、自分でも貴重なジャンルだなって思いますし、まだまだ自分も風俗のすべてを知っている訳ではないと思うので、もっともっと魅力を突き詰めて、自分なりの満足度を高めていきたいなって思っています。いろいろと試してこそ、いわば「風俗が楽しいものだ」って胸を張って主張できるようになるんじゃないかなって思いますね。

収穫は自分の性癖ですよ

性感マッサージにて、収穫がありました。それは自分の性癖です。まさかそんな性癖を持っているとは思っていませんでしたので、自分でも結構驚きましたね(笑)だって自分は普通というか、オーソドックスな性癖だろうって思っていたんです。それがです。性感マッサージであれだけ攻められたことに大きな感動と快感を覚えました。つまり、自分はマゾってことですよ(笑)それまでの風俗で自分がマゾだって感じたことはありませんでした。受けるのも好きですけど、でも攻めるのも好きだったんです。それがです。前回の性感マッサージでは徹底的に受けたんです。それがとっても楽しいなと。そして、これこそ自分の理想の風俗そのものなんじゃないのかなって気持ちになったんですよね。だからこれから風俗で遊ぶ際には性感マッサージももっともっと楽しみたいなって気持ちになりましたし、性感マッサージもまた、もっともっと奥の深いジャンルなんじゃないかなと言う期待感があります。