年末年始風俗三昧

気持ちこそ、風俗の鍵なんです

どんな気持ちになるのかこそ、風俗ではとても大切なことだと思います。ポータルサイトでもお店のホームページでも必死になってチェックするのは自分が満足や納得出来る子を探しているってことだと思うんですよね。満足、納得。それらを求めていると思うんですけど、じゃあどんな風俗嬢が自分にそれらの気持ちをもたらしてくれるのかと言うと、そこはもう人それぞれじゃないですか。それだけに、やっぱり熱のこもったプレイをしてくれる風俗嬢にはこちらの気持ちも盛り上がるなとは思いますよね。クールに決めている風俗嬢も格好良いし色気があるとは思いますけど、不器用な形でも良いので自分に対して一生懸命頑張ってくれるような女の子こそ、最近では自分が求めるタイプの風俗嬢何じゃないのかなって思うようになって来たんですよ(笑)それだけに、ホームページを見てもどんな気持ちを持っているのかってことが気になりますね。やる気のありそうな子を選ぶようにするのはそのためです(笑)

楽しむのは悪いことじゃなく、むしろ最高

風俗で楽しむことに対して罪悪感を覚えている人もいるんじゃないですかね。特に恋人がいたり結婚していたり。まぁ気持ちとしては分からないものではないんですけど、でも別に悪いことじゃないというか、自分も既婚者なんですけど適度に風俗で楽しんでいますよ。もちろん妻には内緒にしていますけど、時には男として楽しみたいって思うことがあるのも不思議ではないんです。むしろ妻という存在が日常的な存在としているので、非日常を求めたくなるのも分からない話ではないというか、むしろ刺激が欲しいのであれば外に向けてアプローチしなければならないじゃないですか。でも離婚したい訳ではないので、それなら風俗がいいのかなって。別にドキドキしたいとかじゃないんですよね。女の子と少し楽しみたいだけなんです。つまり、女の子というか、女体の方に用事があるので、それなら浮気をするのではなくて、風俗という選択肢こそベストアンサーそのものなんじゃないかなって。